忍者ブログ
感情願望欲望すべて赤裸々むき出しの毎日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

21時15分頃、「何時までやんのコレ面倒臭ぇなー」と無意識に呟いてしまっていて思わず驚きました。
周りに誰もいなかったかきょろきょろ見渡してしまう程に驚いた。
すべらない話楽しみにしてた筈なのに。何でこんな言葉が口を突いて出て来てしまったんでしょ。

真央ちゃん凄いなあー。
浅田真央にしても石川りょー(漢字が思い出せなかった)にしても錦織圭にしても、皆若いんだよな。さんざん言われてるゆとり世代って奴なんですよね。
まあ、だから何だって訳でもないです。



■すべらない話
友人は「深夜の方が良かった」と言います。ってか深夜→ゴールデンものって大概そう言われますよね。
私は深夜時代のすべらない話を観た事はありませんが、それでもやたら大量に出現するゲストとか扱いのデカさを見る限り、深夜の方が面白そうだなと思います。
この無駄な妙な緊張感。まるでM-1ファイナルの様だ。
いかんいかん、観る前から否定的な事をぶつぶつと。フラットな視点で見ましょ、フラット。観たくなきゃ観なきゃ良いのさ!

ゴールデンタイムって何時までを言うんだろう? 私はずっと19~21時までだと思ってましたけど、どーやら21時以降もゴールデンと言うらしいし。
演者は宮川大輔、河本、勝俣(…勝俣!?)、有吉(有吉ぃぃぃー!?)、塙弟(えええええ!?)、天津木村(ほわっ!?)、品川、ほっしゃん。、TKO木下、月亭八光、ビビる大木(初参戦か、意外な!)、ケンコバ、千原ジュニア、キム兄、兵動さん、小藪さん、松っちゃん。
合計17人ですか。多いな。
何ていうか、トークが上手い人を集めたっていう感じがしないって言ったら失礼か。こう、太鼓判押されてる人っていう印象じゃないな。塙弟とか、天津木村とか、木下とかw 私がトーク聞いた事ないだけかな?
どーなるんだろってのが第一印象です。天津木村スベりよったぁー!

※私は芸人さん達が話した内容をメモってるだけなので悪しからず。
 本当はもっと面白い話の運びをなさっておるです。

兵動さん。新幹線はグリーン車のマナーについて。
電話の喋り声が煩いので「煩いわー!」と叫んだ疲れ気味のおっちゃん。「誰に言うてんねん」と喋ってた兄ちゃんに因縁つけられそうなので、車両一体で寝たフリ。
煩いわーと言ったおっちゃんもPSPやってた兄ちゃんも飯喰ってた兄ちゃんも全員狸に。ウィンナーとおにぎり掴みながらの睡眠は不自然ですよ。

キム兄。お好み焼き屋さんにて。
お好み焼き屋さんの卵(一個目が)双子卵。二個目も双子卵。でも店の兄ちゃんはノーリアクション。双子卵を使ってる店なのかなーとキム兄疑い出す。
三個目も双子卵! あーこりゃもう双子卵だけを使ってるんだなーとキム兄確信。しかし店の兄ちゃんキャベツきりのおっちゃんに慌てて言いに。兄ちゃん漸くキム兄(客)の反応をチラリ。「いやいや俺知らんよ!」

ほっしゃん。。奥さんのお婆ちゃんの危篤。
危篤状態のお婆ちゃんの耳元へ、お母さん(奥さんのお母さん)が「かーむーかーむーえーぶりばーでー♪」英語講座の第一回の曲。奥さんのお母さんにとっては思い出の曲らしく、ずっと耳元で歌い続け、全員しんみりと感動の渦に。
するとばあちゃん開眼! ああ、奇跡が…! と思うもお婆ちゃん、「煩いよー!!」それが最期の言葉だったとか。

河本。明治神宮の行列。
後輩と一緒に明治神宮の行列に並んでいると、斜め後ろのカップルが暇潰しにしりとりを。「いちじく」からスタート。正月に神宮に来て何故いちじくから…? いちじくのまましりとりは続く。いちじく→くじら→ラグーン。死亡。
「ラグーンじゃなくてラッパにして!」と彼氏頼み込みしりとり再会。しかしいきなり彼氏、「す」で止まる。見ると彼女の方を見て、「好き」と。まさかこれが言いたいが為のしりとり!? 偉く遠回りな仕込み!
間があって彼女、「……キモい」ああああぁぁぁあああぁっ!!
あちゃーorz と思いきや、「…イス」彼氏続けた! アイアンハート! 結局すぐに「もう止めない!?」と彼女から切られましたとさ。
松ちゃん「(くじらから)ラブで良いと思いますけどね」「「「「ああー」」」」「…いや何かそれも恥ずかしい」

★より勝俣立候補。欽ちゃん。
ボケは止めるな、ボケ続けろ! 笑いが収まるまでツッコメ的なアドバイスを欽ちゃんから受けていた勝俣。
ある舞台にて、良い感じに会場が温まった所、欽ちゃんも芸人の血が騒ぎ、勝俣の前でボケを。
ツッコミを教わってないから良く解らんけど勝俣取り敢えず欽ちゃんの頭を殴打! すると欽ちゃんよろよろとよろめきお客さん大爆笑。やった! と思い、ふらふらの欽ちゃんへもう一発。
脳震盪を起こし始めたのかくるくる回り始めた欽ちゃん。まだ会場が笑いの渦に包まれているので引っ掴みもう一撃! を、入れた所でスタッフにより 閉 幕 。

松ちゃん。真っ暗なメイク室で。
真っ黒いメイク室で、髪の長い女が蒼白く顔面をぼーっと。松ちゃん幽霊見た!? とビビるも、良く見たらマネージャーでありましたとさ。
「ややこしい事すな―――っ!!!」

品川。二丁目の料理屋バイト。
二丁目のオカマに好かれていたウェイター品川。「3秒だけ抱き締めさせて」とか「嫌いじゃないならキスして」としょっちゅうお願いして来るミチヨちゃん。
ある日変なチンピラに絡まれた品川。そこへミチヨちゃんが遠くから「ヒロシくぅーん」とダッシュ&パンチ! 「何してんだゴルァ―――!!!」チンピラ撃退後、「腕痛ぁーい」今更シナ作ってもダメ! 「3秒抱き締めさせて☆」この時ばかりは素直に抱き締められ。

塙。漫才協会の緊急理事会。
吉本の劇場進出に脅える理事会。ところが、吉本の方から一緒にやりませんかと話が。しかし「これはヤバいぞ!」と緊急理事会。
吉本の社長さんと副社長さんが来場。絶対協力したるか、と斜に構える理事会。
しかし吉本の社長、「皆さん、舞台で死にたいと思いませんか?」とアツい話を。その瞬間「宜しくお願いしまぁーす!」早ぇ!
松ちゃん「早期解決出来て良かったです」

ジュニア。せいじと息子のロケ。
「残念な兄がいまして」せいじー。最近息子とテレビに出るせいじ。そういや結構見るね。
山の中の一輪の花の匂いを嗅ぎに行く、という謎ロケ。
せいじジュニアが獲ったバッタ? がいなくなり、「もう登るの嫌やー!」とぐずるせいじジュニア。しかしせいじ親父です。「お前にも家がある様にバッタにも帰るべき所、落ち着く場所がある」的な話で息子を諭し、息子も納得。
漸く花へ到着。せいじが花の匂いを嗅ぐ…と、せいじの頭上にバッタがぁぁー! 落ち着く場所=せいじの頭上。

有吉。親父とお盆に墓参り。
「怖い怖い」と怖がる有吉にキレる有吉父。「幽霊なんていねぇ!」と一升瓶やら饅頭、果物を墓に投げる投げる。
どうにかしなきゃ親父はもう憑かれた呪われた! と有吉少年、寝床にて塩を用意。次の日再び「墓に行くぞ!」とやって来た父に塩をぶつけるも父消滅せず。むしろ父は猛り、ボコられ、有吉少年墓へ連行。
墓を見ると真っ黒! うぎゃーと怖がるが、「良く見てみろ!」と親父。良く見ると、果物の汁に寄って来たカブトムシでしたとさ。

月亭八光。親父に弟子入りしたくないお話。
今何だか落語ブームらしく、二世落語家も増えているそうで。落語グループ? 的なものも作っているらしい。
後輩に話をどれだけ持ってるかと訊くと、「100本」と。兄貴分の自分のネタ数は3本。更に親父と二人合わせても14本。

ほっしゃん。。個人タクシーにて。
タクシーに乗ったら渡された和紙。開いてみると、アメが。
運ちゃんの奥さんお手製のアメで、乗ってくれた人に配ってるらしい。
しかし味がない。プラスチックの様な。何か気持ち悪いぞ、ヤバい捨てよう! と窓から捨てようとするも、バックミラーから見られてる様な気がして捨てられない。
しょうがないので目の前の灰皿に捨てようとしたら、灰皿にアメ山盛り。…皆同じ気持ちなのね。

木下。ダウンタウンの追っ駆け。
「僕の事嫌いにならんといて欲しいなって」何だその前置き? 「僕18の頃ダウンタウンさんの追っ駆けしてまして」マジか。出待ちが女子高生ばっかだったので、少しでもダウンタウンに近付きたい木下は深夜ラジオの出待ちをする事に。
木本と二人、車で追跡。同じ所をぐるぐる回ったり、顔を見ようとしてカーチェイスになったり。まさか、撒かれてる?
狭い住宅街に入り、家に挟まれた袋小路に。ここや、話し掛けよう! と思ったその時、後部座席から板尾が。
「下がれ―――!!!」車で下がってる間中もずっとついて来る板尾さん。それ以来板尾が木下のトラウマ。

ビビる大木。お母さん。
病院に行ったら即入院宣告された大木。医者「息子さん、今夜が峠です」母「解りました、明日行きます」

ビビる大木再び。軟式野球部。
「人生って素晴らしいじゃないですか」どうした。
やりたい事が解っているのに始めてないんじゃないか? という歌詞に感銘を受けたビビる。「そうだ、軟式野球がやりたいんだ!」ビビる開眼。先生に相談し、どうにか部設立! グラウンドを捜したり照明を点けたりメンバーを募ったり。頑張ったなぁ。しかしそこまでやったのにビビる補欠!

小藪さん。吉本新喜劇の竜じい。
母の死を新喜劇のメンバーに報告。しんみりするメンバーの中で、竜じい。
「小藪君のお母さん亡くなったんやってなあ、こないだ俺の猫も死んでなあー」「………(はぁ?)」何じゃこいつと怒り心頭。猫と母を一緒にされてブチ切れ寸前の小藪さん。

ケンコバ。ケンコバの良い話。
ケンコバには良い話が全くない。良い話を無意識に避けてるんじゃないか、とケンコバ。
マンションの何もない花壇に水をやってるおじいちゃんを発見。これは良い話のタネでは、と爺ちゃんに突撃。
「おじいちゃん何で水やってるんですか、何か生えるんですか?」「猫来るから毒まいたってんねん」こわ! 愛の欠片もないわ!

「天津木村が全然出てないんですよねー」★出現。「じゃあ八光…」
結局木村。エロ詩吟。
親父に内緒でエロ詩吟を。しかしテレビで親父にバレ、親父から帰って来なさいと電話が。
怒られると覚悟で素直に謝ると、「いや全然ええよ。エロと詩吟、面白いやないか。ただ詩吟が下手過ぎるやろ!」
「お前『ナメてて~』やなくて『ナメ↑て↑て~↓~↑』」「『こすりつける~』もな、なあ母さん!」などの指導が。「親父に言うて欲しくないわー」

木下。最低な高校。
入学時にT字定規ではなく、木の棒を買わされる。何に使うかといえば一年間ジャム作り。アホらしくて辞めた木下。
三年の時に友人と再会。「今何やってんの?」「今ブルーベリージャム作ってる」給食配給学校じゃねぇか。

河本。工事現場で。
「聞きたくもないのに聞こえて来るっていうのは哀しいですね」
おっちゃんが工事現場でダダダダダダダダダ…ってやってる最中に喋るから声がブレる。
「今日の晩飯どうするー?」「ほ↑っ↓か↑ほ↓っ↑か↓亭↑」「えー?」「ほ↑っ↓か↑ほ↓っ↑か↓亭↑」そのやり取りが何度も。漸く機械を切り、「…俺買いに行きましょか?」ほっかほっか亭を言わなあかんやろ!
「………ハイ」あ、スベったw

兵動さん。おばあちゃん大好き。
おばあちゃんが店員のお好み焼き屋さん。耳が遠いのでデカい声で注文。
そこに声のやけに小さいおばあちゃんが登場。これは世紀の対決!?
「あの、ブタ玉一つ…」店員ばあちゃん動かず。「ブタ玉一つやてー!!!」兵動さんがフォロー。そこでばあちゃん作り始めるが、声の小さいばあちゃんが耳の遠いばあちゃんに話し掛ける。当然店員ばあちゃん聞こえず。しかし耳の遠いばあちゃん。「…そうなんですよー」!? 誰と会話を…
そしてお会計。「これ幾らで…」「これ幾らっ!?」「700円」しかし声の小さいばあちゃん、間違えて1100円を「これ丁度」と。すると店員ばあちゃん「ハイ丁度」と。
「アカンアカン!」兵動さん阻止! あっぶねぇこのばあちゃんw

ケンコバ。冬の公園にて。
ネタ合わせをやろうと。村越さんとかな?
公園にはカップルとダンボーラーとその犬だけ。ネタ合わせの最中にカップルが大喧嘩。ものものしい空気が。
「何で私ここまで尽くして来たのに、何でこんな事言われなあかんのよー!」男の服を掴んで揺さ振るが、「放せ、二度と俺の前に顔見せんなー!」で、女性がへたり込み号泣。
雪もいい感じにチラつき、居た堪れなくなったのか、ダンボーラーが女性にそっとダンボールを…
「何してんのよ!」女性冷静!

塙。京丸師匠。
「漫才協会に」またか。話の長い師匠さんがいらっしゃるそうで。
毎回話をしてくれるので、一度呑みに行こうと誘うと、すごい喜んでくれました。待ち合わせ場所でテンションMAXな師匠。
「美味いモン喰わせてあげるから!」で立ち喰い寿司屋。しかし五席くらいしかなく、美味しいので行列が。きっとここでお腹にモノ入れてから、しっぽり話すんだろーなと思っていた塙。
流石に行列があるので「そろそろ出ないと」というと、「そっか、じゃーね!」お食事会しゅーりょー!
一月前から約束してて、お食事タイムは僅か15分でしたとさ。

ジュニア。
誰だったか師匠さんが人形大好きで(性癖…らしい)、トキエという人形を。昼間のベランダが一番興奮するらしい師匠さん。トキエさんと昼間のベランダで愛し合っておりました。
しかし愛し合い過ぎて、首がぽーん。下が公園なのでギャー、と。お母さんお子さんの目隠すよ! 師匠さんもきゃー!
ぐしゃっと行くかと思いきや、「そんそそそそー…」と首が落下。トキエ無事生還☆

★が出たので宮川。三又さん。
三又さんの舞台に口説かれて出る事になった大輔。何か中岡という役らしい。
アツい話だったから受けたのに、最後に打ち合わせしたら最初の話と全然違う、アツくない、降りる! と宮川大輔が言うも、三又さんは納得せず。遂には「表出ろ」まで。
そこでおもっきしビンタ。三発目で耐え切れなくなり、大輔反撃。「あたぁ!」三又さん一撃で涙目。そして起き上がり、「これを待ってたんだよ中岡!」きも! 「やりませんから!」
しかし聞き入れてくれない三又さん。帰りたい宮川と送りたい三又さん。「何で嫌がってんのにそんなグイグイ来んの!?」
結局一緒のタクシーに乗る事に。「ソープ奢ってやる」しかし「ソープムリだった…」大輔の家はファミレスの裏。「スープ奢ってやる」「スープ要らぁーん!!」


ここでしゅーりょー。

ゲストの感想は後で個人的にやって貰ってさっさとMVSを(ry
気になる子ちゃんで見た時に思ったけど、あ~ちゃんって天然だよなあ。大輔の名前出したのはやはり共演者だからか。「あ、でもほっしゃん。さんが良かったです」あ~ちゃぁーん!

MVSは勝俣! おっほう意外!
松ちゃんが凄いウケてたからジュニアのトキエさんか、大輔かほっしゃん。来るかと思ったけどなあ。欽ちゃんのトキエ越え。


ほっしゃん。と兵動さんが安定してたなあ。塙も思ったより全然良かった! ビビるも地味だったけど良いよ良いよー。
聞いた事ある話が多かったのがちょっと残念だったなあ。これ観たのって三回目かな、その中で(私が)聞いた事ある話披露されたのって初めてじゃないか?

ちなみに私が聞いた事ある話→品川のミチヨちゃん・有吉の墓にカブトムシ・ケンコバのダンボーラー。

ちょっとヘコんだかな。
ゴールデンだし年末SPだし、そこはやっぱり新ネタというか、新しい話を卸して欲しかったというか。
個人的MVSは兵動さんのばあちゃんvs.ばあちゃん!



くれないの盃が届いたので早速観てみたいと思います。
パッケージだけで涙出るくらい笑いそうになった私。
PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
ゴジえもん
パソコン:ゴジ子
iPod:ゴジら

かなり偏った趣味においてテレビの感想などをづらづらと
アクセス解析