忍者ブログ
感情願望欲望すべて赤裸々むき出しの毎日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何か右手が超軽度の凍傷に掛かったっぽい管理人ですこんにちは。
北海道は北見で-20度行きましたね。その時、私のいる札幌も相当寒くてですね。んで私の家って暖房コタツだけなのですよ。備え付けのストーブありますけどベッドで完全ブロックしてます。
だもんだから手だけ冷えて冷えて冷えて冷えて。特に冷えるのが右手。
左手はパソコンの上に置いてるのでパソコンの熱でちょっぴりぽかぽかするのですが、右手は基本マウスの上なので余計冷えるんですよ。
そんな環境で生活していたら軽く右手が全体的に赤らんで小指が痛くなりました。あいやー。

冬はキーボードが打ち辛くて辛い季節です。
ちなみに北海道でコタツを使うのは本州人だけで、道産子さんは使わないそうです。


■10/5(火):すイエんサー(二重跳び)
「夏だよー!」『※この収録は二ヶ月前に行われました』撮り溜めしてんなあw 「場所考えりゃ良いんだよね。季節感が全くないよー」後ろで扇風機ぐーるぐる。
今日の収録場所は外の何かトンネル下。いっつもの外とは場所が違うのかな?
背後をバス通過。プップー。「おいヤメロー!」プッププー。「しょうがないなあれが仕事だもんな」庄司さん妙に冷静。
さて今回のゲストは、「皆元気、清水のミッちゃんだよ!」清水ミチコー(゚∀゚ )
清水ミチコ的すイエんサーの気になるテーマ。「茶柱ですね。お茶を立てる度にこの番組の事を思い出していましたねー」「ウソつけ!」「…何で解った?」「眼が死んでましたもん!」
「それではそろそろ趣s旨説明を!」清水ミチコ噛みっ噛みw 「この番組は私達とすイエんサーガールズが」「「…お~!」」「…覚えてねえな?」清水ミチコぐだぐだw
さて今回のテーマは「超簡単に二重跳びを成功させたーい!」嫌な思い出しかないよ縄跳びには!
「せーの、「「「超簡単に二重跳びを成功させたーい!」」」」「ばんざーい!」「ばんざーい!」「夏だー!」

まずはすイエんサーガールズのお手並を拝見。どうやらほとんど出来ない様で。
三人の知ってるテクニックは。「前にこう上げた方が良いって聞く」両足を上げて海老反り。あーこの体勢皆やってたやってた。
話していると体育館のステージから先生登場ー。おお軽やかな二重跳び。「何か縄がさ~」と話してるとまた別の人がw 「もーヤだー!」カンフーさんがヌンチャクぶんぶん! 「今の見てて解りました?」「全く解りませんでした」
「これをどういう風にしたら良いんだろう?」カンフーっぽくヌンチャクをぶんぶん。「ちょっと違うなあ~」
片手でヌンチャクを持って腰の横でぶんぶん。「良い線行ってますね」「あ、腰の横に手を固定して、手首だけを使う?」先生拍手拍手。「やったー!」
全日本縄跳び何ちゃら…そんな団体があるのか。縛った縄跳び二本を持ち、腰の横で回すと縄を手首で回す感じを掴めるそうな。
「もう跳べるんじゃない?」「まだまだまだ」「まだあるんですか?」「勿論」言ってる傍からカンフー再び。ヌンチャクぶんぶんぶんぶん。「…さっきと一緒だよね」「良く見てた?」「「「えー!?」」」
「何か違うんだ」ヌンチャクを見てみると。「あ、短い!」連結部分の紐が二度目は短い。「速く回るんじゃない?」「つまり、縄跳びの長さを短くする!」「OK!」「やったぁー!」
縄を踏んだ時に、持ち手がみぞおち辺りに来る様に縄の長さを調節すると良いんですって! あー短くしてる人いたわ…ただのトレンドだと思ったらそんな意図が…
再び二重跳びに挑戦! 一回しか跳べなかったのが六回に。「おーすげー!」他の娘も三回から十五回、一回から三十三回。余裕すなあ。「凄いじゃん!」
「良しこれで解決じゃーん!」「「いぇーい!」」「まだまだまだ」先生筆を取り出し、『二』の間に、一本棒を…「「「え―――っ!」」」三重跳びw

また背後をバスがw
巻物登場。庄司へー。「良しっ」「マジかよー」まずは二重跳びに挑戦してみましょう。
先を縛った縄跳びを二本用意し、手首だけを使って腰の横でコンパクトに縄を回転。そのままぴょんぴょんエア縄跳び。「へへへへへ、へへへへへへへへ(笑)」大島嬢跳びながら笑い過ぎw
お、剣玉? 「取り敢えず剣玉をやってみましょう」(おお脇田さん!? と思った私。剣玉=脇田さん) 「あ、乗った、カメラさん撮った?」「出来た!」「煩いな!」w 「乗った」「静かにして下さい!」
再び巻物~ふりふり。『庄司さんへ』「何回も連続して二重跳びを成功させる為には、速く回すだけではなく、膝の使い方も重y 「あ―――っ!」煩ぇw 「剣玉で玉を皿に乗せる時、浅く柔かく膝を曲げますが、そうした動きが二重跳びの時にも重要なんです」という事で二重跳びに挑戦。「また入っ 「もう良い!」
清水ミチコ挑戦。「出来ない」→「出来た、カメラ撮った!?」
庄司ジャンプ高過ぎんじゃないか。「凄い、空中飛行が高い」←?
「次は三重跳びですって。何をしたら三重跳びが跳べる様になるか考えましょう。…考える脳でもないです今」疲れちゃってるねw

良いコーナー。趣味があるって良いなあ。
すーいすーいすーだららったすらすらすいすいすい~♪ って最近言わないな?

三重跳びに挑戦。なかなか簡単には出来ないよなあ。
ドアノックコンコンコン。「はい!」「すいませんちょっと体育館の利用時間の方が過ぎちゃってて」「え、リアル?」マジで?w 「じゃあの最後は、三本締めで締めましょうか」「え」
「よーっ」パパパンパパパンパパパンパン!! 「お疲れ様です!」「「「…」」」「解りました?」「解りません…」「しょーがないなあー、ミュージック、スタート!」いきなりw 何か凄い達人がw 「キュンキュンした!」
「解りました?」「え」「見惚れててさっぱり」
「もっかいやりますんで良く見てて下さいね」じーっ。「解った?」「私も解った」パパパンパパパンパパパンパン。「リズム?」「そうです、リズムです」
三本締めのタタタンで跳んで、その合間に着地すればOKとの事。
レッツトライ! んが。「二重跳びでしたよね今の」「あれ?」「出来ない…」
「あれがねえ、ちょっと足りないんだよねー」「「あれ?」」ここで三度カンフーさん。「会いたかった!」
ヌンチャクぶんぶん。「さっきと違うの?」「何が違う?」「解んないですか?」「髪型変えました?」w
「あ、ここの持つ所が長くなってると思います」「良い所に気が付きましたね」
「これを使います!」長い芯を縄跳びのグリップに通して固定してグリップを長くし、更に滑り止めのテーピングを巻いて完成。
ぴょんぴょん。「あ、軽い軽い!」「めっちゃ軽い!」「勝手に回ってくれるよね!」
という事で三重跳び挑戦。ピョン! 「お?」「あ、出来ました(笑)」ギリっぽいけど成功! 二人目も「跳べましたね」三人目も何度かの失敗の後成功ー。
あ、今回はシメの「大成功~!」はないのか。

「さあまずは三本締めのリズムを身に付けましょう!」お手を拝借! 「よ~お!」パパパン!!
今日の巻物は庄司SPか。「三重跳びを跳んでいる間に手首をすばやく回転させることが大切ですが、『タタタン』の『ターン』の時にゆっくり回す事が重要です」これで着地の時間を稼ぎ、次のジャンプへの力を溜めるそうで。
庄司は何でか今回はクールすなあ。大島嬢も割とさっくり成功!

マリガリー。今週もエジソンか。
「手を洗わなくて、洗った振りを…」最悪だw 今日は音波か? 偉く無理矢理な様なw
「奥に隠しておこー」「「「…」」」あ、マリカとノリカがガリレオ以外にキレた!



縄跳びとか負の思い出しかありません。
私ゃ関西出身でしてね、今はもうどうなってるか知りませんが私が小学生の頃は体育は冬でも半袖半ズボンだったんですよ。それで縄跳びなんてもうアータ。痛いの何のって。
縄以上に前列の人が弾く小石が地味に痛かったです。長縄は好きでしたけど短縄はもう軽いトラウマです。

ところで今日AGEAGELIVEがあったのすっかり忘れてました。てへ☆
でもさっき気付きました。「あれ…そう言えばそろそろじゃなかったっけ?」って。ギリギリで気付けるのが私の良い所!
七時半からのリピート録画するどー。
PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
プロフィール
ゴジえもん
パソコン:ゴジ子
iPod:ゴジら

かなり偏った趣味においてテレビの感想などをづらづらと
アクセス解析