忍者ブログ
感情願望欲望すべて赤裸々むき出しの毎日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

深夜はよしもとオンライン!
ローマ字入力が勝手にかな入力になってた理由解りました。言語バーで「KANAロック」しちゃってたみたいです。即時解決ナリ!



■24時からわくわくして待ち構えてましたけど、24時5分頃からいよいよ始まったー!
って、あれ、庄司がいない…
メンバーはガリットチュウ熊谷、ポイズン阿部ちゃん、ニブンノゴ宮地、マキシマムパーパーサムのハゲ…もとい長澤と、じゃぴょん桑折さん。
全体的にテンションバカ高いっすw 「じゃっぴょーん♪」
畳にちゃぶ台がまったりだ。

「いきなり募集します。ブリーフ派、トランクス派?」あ、庄司ナシで進むのね。
と思ったら、「煩ぇーっ!」庄司登場! イスを床にがんがんがん! …怖。
「庄司智春の裸王!」「「「…………」」」「うらー!」「うわあぁぁぁあああぁぁ!」ひーその動き放送禁止放送禁止!w
何服着てんだブリーフに履き替えろと庄司さん。庄司さんの小脇に抱えるタッパにハッピーターンが見えてる見えてる。
「一人先輩混じってるけど!」ちょこちょこ素を覗かせる裸王。
宮地ウソみたいにムキムキやー。
「良し、一発ギャグやれ」庄司さんたら熊谷に無茶振り! 「大事な所を隠しているけど借金3億円♪」「…オッケーイ!」もうgdgdw
そしてやっぱりなノーハンドハッピーターン選手権! 庄司が一番gdgdだw

ルール確認も終わった所で「ガリットチュウの福島じゃない方!」
「お前ら何年芸人やってると思ってんだ!」団子になってないで左右に分かれなさい! 「…そういうの、本心で言ってると思わないで下さいよ」桑折さん目線で。「やりにくいんだよ言わなくて良いよ!」
熊谷床にゴロリ。「うらー!」ハッピーターン取らんかい! 「言われないと解んないですよ」「言わなきゃいけない事まだ一杯あるんじゃない?」
「一発ギャグやれ」無茶振り2。「カリゴ~ンカリゴ~ン!」「「「「…」」」」「こういうのもありますよと」空気が止まったw
セットインから熊谷スタート!
まずは順調。「お前を撮ってるハンディさんもちょっと笑ってるぞ!」
おお顎まで来た! 流石二回目だけあってやるな熊谷。庄司の肘チェック入りまーす。
おああ結局顎から転落。「熊谷選手、ノーハッピーターン」フォールじゃなくなったんだ。
「このハッピーターンは、後程スタッフで食べます」「「「!?」」」スタッフもどよどよ。
何だろうこの空気感。妙で心地良い…

二番手「宮地!」筋肉あるからこりゃ期待。
寝そべる宮地。「……うぇええぇぇぇええーい!」「あっ!」ハッピーターン取り忘れ!
「出たサウスポー突っ込み!」
ハッピーターンを選び、再び寝そべる宮地。「…ちょっと」宮地以外全員集合。「審議ですよ。選んだハッピーターンが、割れてます」「「うわああー」」宮地選手まさかのチョイスミス。
「失格!!(ええ声)」「「「ええぇ!?(笑)」」」「ウソでしょやらせてあげてよ!」審議覆らず。「10年前のメキシコ大会以来ですよ」「日本のお菓子でしょ?(笑)」
あ、本当に宮地やんねーんだw

三番手は…宮地熊谷までじろじろと。「え」「あるの…?」「失格になったのに…?」
「ハッピーターンを食べたいという思いを聞かせろ」宮地再挑戦面接開始。「出会いは何年前だ」「10年前です」「どんくらい好きだ。その思いを俺に」「好きですしお加減とか」「もっと来い」「えっとほんと、営業先の 「阿部ー!」お約束w
「何で言わせたの」「営業先のくだりちょっと聞きたかったですよ」
「……」「…!」危ねー阿部ちゃんもハッピーターンチョイス忘れる所だった。
何だか場が温まって参りましたなあ。ほのぼの。
「良く見ると若干違うんですねー」「そうなんですよ!」ハッピーターンの深みに気付き出した阿部ちゃん。
「セットイン!」乳首タッチ。「今の初めて見ましたけど!?」
阿部スタート!
おお早速顎に。「足何それ!?」足が4の字に。
ハッピーターン脇に入っちゃった。「あ、イジリー作戦ですか」ベロが。
色んな作戦が入り乱れて来た阿部vs.ハッピーターン。「ひぇい!」奇声まで発し始めた。
「…何処にあんの?」ハッピーターン見失い。あーでも惜しい。ちょこちょこ当たってる。
顎からのシーソー作戦で行くかと思いきや、あー落ち…てない。髪の上にw 「床には着いてないので、セーフです!」「これロン毛有利じゃない?」ロン毛有利説。
「でも阿部さん、腕のロックを外してしまったので」髪の上に落ちはしたもののアウトに。「ちょっとポスターにしたいですけどねこの画は」「…じゃあちょっと後で静止画に」阿部ちゃんゼーハー言ってる。
「このハッピーターンは後でスタッフ、共演者で食べますので、ハイ」律儀だ。
「いやー光は見えたんですけどねー」「強化選手に入ってるかも知れませんよ」心なしか阿部ちゃんの表情も清々しい。

四番手は…やっぱり全員をじっくりと。阿部ちゃんにも。「さっきやったばっかでしょ」「本当にこのパターンありそうな」
宮地の思い出再び。「営業先のケータリングで 「長澤ー!」
寝そべり長澤。「何処でこの汚れが」パンツの隅に白い粉がw 「不正のにおいがしますよ」
桑折さんと阿部ちゃんの呟き。「止まってる時間長いんだよなー」「乳首のくだりなくなってるし」
長澤も早ぇー! 舌に接したと思ったら肩に。すーすー息で吸おうとすんなw あ、落下。
ノットハッピーターン。…と、長澤w 「言われてもだよね」「このハッピーターンは後程、スタッフと出演者で食べます」「一回インサートで撮れば良くないかあれ」
「どう見ましたか」阿部ちゃんに。「ジェットコースターみたいに顎に乗ったのが気持ち良かったですね」「お前はどう見た」熊谷に。「来いっていう男気を感じましたね」「うん………」「…」「もっと選手を大事に扱った方が良いよー」扱いの雑い宮地と熊谷。「……ごめん」w

五番手「続いては桑折!」決まんの早っ!
「今時計見て、うわっ、押してると思ったでしょ!」と突っ込んだ宮地に、「準備してたのか。良しやろう!」「いや良いです良いです!」「やるぞ!」「良いですって!」わやだ。
すいません大丈夫ですと謝る宮地。「良し、じゃあお前スイッチ入れろ」来たスイッチ。「スイッチオンマンマイン♪」「…(拍手)」
「じゃぴょんの桑折さんが選んだハッピーターンは、こちらです」「…何かキャラ違くない?」「こっちのキャラに合わせてくれんの?」庄司のキャラがぐらぐらだw
桑折さん細過ぎてガイコツみたいだ。
桑折さん細過ぎてハッピーターン動かないよ。「マイナスの発言止めて下さい」「…厳しいんだよなあ」「イメージがありますから」
おおー肋骨からスルッと降りて来た。しかしハッピーターンを見失った桑折さん。「顎で感じろよ!」「(笑)」「桑折さん笑っちゃダメです(笑)」ハッピーターン落ちちゃう落ちちゃうw
良い所で庄司の肘チェック 相変わらず厳すぃのお。あー惜しくも転落。
「良いラインは出来てんですけどねー」肋骨なぞりなぞり。「あは(笑)」「感じてんじゃねーよ(笑)」ドMめ。

ラストは、「はい!」「裸王自ら!」
カゴ底からはたき! 舞い上がったハッピーターンをキャッチ! 「これで」「良く見て選んでないじゃん!」「そういうやり方で割れるのが生まれるんじゃないですか?」
「庄司さんが選んだハッピーターンは、これ」熊谷がやるんだw 腹の上にハッピーターンセット。「セットインセットイン」「…セットイン!」「全部指示受けてる」
阿部ちゃんの時に庄司がやった乳首弄りを庄司にも。「うひひひ(笑)」思わず熊谷を阻止。裸王の失態に全員集合。「何でー自分でやってたじゃないですかー!」
「もっかいもっかいセットインから」「セットイン!」ハッピーターンセットアーンド乳首タッチ! 「あははは(笑)」庄司さん敏感過ぎます。
落ち着きの王者のトライ。と思いきや肩へ。「今までで一番危ねーよ?」
しかしそっから持ち直し、「…寝た?」小休止を経つつ、顎へ。でも顎先で超バランス! 「今凄い事になってますよ!」「あー喋っちゃダメです!」
そして見事ぱくり。「「「「おおおおーっ!」」」」すげー裸王名乗るだけはある!
流石の貫禄でございます。「ハッピーターン美味しい」

「じゃあ今回のMVPを発表します」裸王に近付いた者を。「該当者ナシ!」「「「えぇええ(笑)」」」何だこの茶番w
そして庄司唐突に退室。「何だよー」と皆様ぶーぶー言いつつも、「告知の時間でーす」熊ちゃん切り替え早ーい。
 ※告知中※
「あ」さっきのハッピーターンが。「「「「「いただきまーす」」」」」本当に喰いよった。


もぐもぐハッピーターンを味わっていると、「らあぁぁあああぁああぁあー!」「「「むわー!」」」裸王再登場!
「何でお前らパンスト履いてねーんだよ!」パンストとな。これは初めて見ますな。
「履け!」はたきながらパンスト渡し。「ちょっと待って下さ…あ、優しかった」w 長澤にはソフト渡し。
セカンドステージは「出る出るお金ー!」何ですかそれは。
パンツの中に十円玉を投入。手を使わずにパンストの膝に空けた穴から十円玉を出せればOKという競技。成程。
「二百円の中に一枚、五円を入れておくので、これを出した人は…ご縁があるという事で、二、三日は良い事あると思います」「…おおおー」桑折さんの搾り出す様な『おおおー』。「え、五円玉出してもポイントはナシですか」「ポイントゼロです」何…だと?
「それはみんなで祝福して、出たら。やったなって」ふむふむと頷く宮地。「ちょっとお前、やったなって言って」「…やったな…!」「(笑)」「何なんですかこれ」「もう宮地さんは『やったな』係で」「ちょっと…もう一回言って(笑)」「やったな…!」「(笑)」庄司しか笑ってねぇよw

宮地が新たな係に就任した所で、一番手熊谷。
「右にするの左にするの」どっちの膝から小銭を出すか。「あ、選べるんすか」両膝から出すと思ってた熊谷。「そりゃ一個だろうが。サッカーボール何個でやってるお前」「一個です」「バスケット何個でやってる」「一個です」「カーリングは?」「…一個です」「一個だろうが」「一個じゃねーだろカーリングは!」ダメだこりゃ。
「どーする、二個でも良いよ」「…解んないです俺」困惑熊谷。一番手だものな。
「…」庄司教室の奥を窺い窺い、「一個ですって」「今誰見たの!?」
結局熊谷は左膝をチョイス。左膝パンストをちょきちょき破り、膝を抱えて、「開きました」熊谷の膝がポールの様で何だか酷くエロい。「五円入ります!」
制限時間は一分半でよーいスタート!
「あー全部裏に行っちゃったんじゃないの?」小銭が腿裏に。熊谷超悶絶! 何だろうこの画w
結局小銭が表に出る事なく、競技終了。小銭が出なかったら穴から小銭までの距離で決めるそうで。「…それ目分量だよね?」
メジャー到着で熊谷の記録10cm。

二番手…あ、今宮地ちょっと準備してたw
また全員をじーっと眺め…阿部ちゃんの髪を左右にさらりと。胸もさわりと。「…」「…(笑)」「何もないんでしょ?(笑)」
んで「阿部!」行ったれ阿部ちゃん!
阿部ちゃんも左足チョイス。「開けました!」
いきなりケツへ小銭が回った阿部ちゃん。「レゲエダンサーだレゲエダンサー!」ハッピーターンに較べると皆おどける余裕があるなw
阿部ちゃんパンツからすら小銭が出ないー。「TRFのサムみたいに!」阿部ちゃんの片手立ち出たーw
一枚もパンツから出る事なく終了。「こんなパターンもあるんだー」「一枚も出なかったのはメキシコ大会以来ですよ」「メキシコ人に失礼でしょ」
「レゲエダンサーは作戦の一つですか?」「昔やってたんで自然に出ちゃいましたね」
「一応測っときましょうか?」「普通に股下測る感じだよね?」「33cm!」「ただの身体測定だった」

三番手チョイス。裸王の胸筋ぴくぴくぴく。「あれ、三回だから、三文字?」「「「こ・お・り」」」「「「み・や・じ?」」」「長澤!」「うおーびっくりしたぁー!」
長澤は右足をチョイス。
その、パンストカットの際に。「女性がパンツを脱がされる時に腰を上げる様な優しさをここで見せて下さい皆さん」「…すいません良く聞こえなかったんですけど(笑)」女性が営みの時にパンツを脱がされる際、少し腰を浮かせて脱がせ易くする様な優しさで、庄司がパンストの膝を切る時にちょっとパンストをつまんでくれると嬉しいなと。「あー……って解り辛いわ!」
長澤スタート! 「前来た前来た!」おおおパンストの腿側に小銭来たよー!
長澤すげー! まるでお立ち台パフォーマーの様だw 「ほらほらぁー!」長澤パフォーマー! 「お前お腹すげーな(笑)」小銭じゃらじゃらお腹たぷたぷ。
大量の小銭を出す事に成功した長澤。「五円は?」足の裏に。「ああー」
長澤の記録130円。何と13枚も! 「お前これ温かい飲物買えるぞ!」「はい、何かペットボトル…買います!」「な!」「…何なのこの関係?(笑)」長澤には優しい裸王。
宮地の五円出なかったバージョン。「出なかったな…!」だから笑ってんの庄司だけだってw

四番手は「桑折さん!」
ストッキング切断の段になりまして。「…」「桑折さん優しさ!」腰を浮かす桑折さん。「…」「…」「女性が腰を浮かすその優しさで、パンストを摘んで下さいって事です」「ああーそういう事か!」「…今のマジっすか!?」「びっくりしたー!」私もびっくりした。
桑折さんは右足に。「開けました!」桑折さん顔、顔。「リアクション取り様がないですよね」五円投入!
桑折さんみたく細いと、パンスト緩まって落ち易くなりそうだけどそういう訳でもないのか。
小銭が全部腿裏に。「どーやったら前行くのー!」黒板に手を突いて腰をぶんぶん振る桑折さん。「卑猥卑猥!」「桑折さん何やってんすかー!」放送禁止放送禁止!
結果、一枚も出ず。「何立ちバックしてんだよー!」w 「最後のはマズいですよー」「クラブの隅っこじゃないですか」記録は10cmなり。

「じゃー、俺!」あれ、宮地は。「俺失格?」「失格ですよ」
「俺何もしてねーだろ!」「さっきの生きてんの!?」ハッピーターンの所為で一日失格の宮地。「夏生さんこれないよ!」
「『あれ俺は?』みたいな事言ってましたけど、ツッコミ間違いですよ」「…じゃあ、履かすなよ(笑)」「それは優しさじゃないですかー」「一人だけ履いてなかったらイジメ問題みたいな事になっちゃうから」宮地アウェイ!
「でもあれだけは言って下さいね」五円が出たら、「五円出たな…!」出なかったら、「出なかったな…!」
「これ裸王も初めてなんで」何と! ってかマジで宮地やんないのなw
庄司は左足チョイス。熊谷がストッキングカット。…が、ぎこちない。「あー慣れてないなあー」「童貞みたいになってる」「童貞だよ!」開き直り熊谷。「開けました」無事開通。
コイン投入中、「…これ、第二回あるかなあ(笑)」「これ第二回あったら、宮地さん呼ばれても…「失格(笑)」」宮地がんがれ。
「五円を入れます」五円投入しようとするも熊谷やり直し。「五円、入ります!」「厳しいんだよなあ」
裸王の挑戦スタート! おおおいきなり出て来た! どうにか膝周りまではすんなり出たけど、こっからが厳しいのねー。
お、お、お、ぽろぽろと。「闘牛スタイル!」「おおーフラメンコ!?」色んな技の応酬!
「庄司さんの記録、50円! …と、五円!」おw 「ここが裸王は違いますねー」「ニ、三日良い事ある!」
「五円が出たと、いう事は?(笑)」「出たな…!」「「「…」」」「盛り上がれや!」共演者スタッフ一丸となっての沈黙でございました。


ノーハンドハッピーターンと出る出るお金を総合して、一番裸王に近付いた人チョイス。また一人一人じ~っと。「…いつも、有難うございます」「何でここで感謝の気持ちを(笑)」
「阿部ちゃん!」「「「ええええぇ?」」」皆様納得が行かないご様子。
「出る出るお金最悪だったじゃん」「理由何ですか?」「レゲエダンサーあったじゃん」お金は出なかったものの、裸になった時のパフォーマンスが一番だったそうで。「言って貰えます?(笑)」
「第二回あったら是非」裸王に近付いた者として。「あ、はい」「お前も」長澤も。「お前も」桑折さんも。「お前も」熊谷も。「…」「…」「お前も」「よ、良かった…!」宮地ヤターw 「なあなあじゃねーか結局皆で(笑)」

ラストの質問コーナー。「あ、質問してましたね」忘れてた。
ブリーフかトランクスか。トランクスが多いですな。私もブリーフの方が何かやらしい感じがしてイヤンです。トランクスのが海パンみたいな目線で見れるから良いですな。
よく思うけど、そんなしょっちゅうパンツにうんち付かないっすよ。ウォシュレットして下さい。
実はもう一個競技を考えていたそうですが、今回は出来なかったとの事。うおおそれは期待! 是非第二回をお願いしたいでっす!



パンイチの男性の腹に乗ったハッピーターンの行方に良い年した大人が手に汗握り、パンイチでパンストを履いた男性がパンツに小銭を入れて落とす姿にいい年した大人が一喜一憂する。何てシュールな画なのでしょう。
いやーでも楽しかったです。非常に! マジで腹筋鍛えられたと思いました。

庄司発案の競技はアホらしいのは然る事ながら、何気に難易度高いのよね。そこが良い。
長澤は前回ageageで庄司への想いを熱く語ってたけど、今回いたのはそれが実ったんでしょうか。
宮地どんまいw 今回の出る出るお金、脇田さんチャレンジしたらどーなってただろ?

いやはや、それにしても本当に楽しかったわわわー!
こんなバカみたいなの大好き! でも地上波じゃとてもムリ! でもそんなの大好き!
第二回楽しみにしてますよー。

のびのび深夜って最高ー!
PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
ゴジえもん
パソコン:ゴジ子
iPod:ゴジら

かなり偏った趣味においてテレビの感想などをづらづらと
アクセス解析