忍者ブログ
感情願望欲望すべて赤裸々むき出しの毎日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の晩IPPONグランプリなるものがやってました。
メンツ的には凄い気になる人ばかりだったのですが、松ちゃんが関ると緊張感とかが前面に押し出されちゃってどうも。お笑いが厳かな感じになって嫌だ。うーん松ちゃんが悪い訳じゃないし大喜利は確かに勝負みたいな空気は出るんですけども。でも松ちゃんが関らないとこんだけのメンツは集められないかな。
あらびき団みたいに「芸人なんか底辺じゃ!」みたいなスタンスでゆるっと見たいのです。
別室解説みたいなのナシで芸人十人と司会のアナだけで良いんじゃないかな? 笑うか否かは理屈よりフィーリングだ! 解説は要らない。
ていうか何ゆえ松ちゃんは参加しないんでしょ。なので不思議な感覚になるのかも。

文句言ってますが大喜利は勿論番組のシステムも面白かったです。次は春だとか。すべらない話に替わるモノになって行くのでしょーか。
バカリズム強過ぎw そしておめでとう。



■すイエんサー
「AKB48の皆さんお願いします」「冬休みは!」「一家団欒!」「スペシャルー!」「「「「いえ―――い!」」」」「「「……」」」「前列と後列の間に少し溝が」「温度調節しましょうか?」お願いします。
いつもは放送時間29分なのが、「32分」「三分だけかい!」ポージング。「可愛くやんなよ!」大島嬢w
「最もスペシャルなゲストをお招きしてます!」最もって言っちゃっていいのか。「スペシャルって行ったら大体ゲスト来てくれますからね」「ね」…後ろw 「…NHKセキュリティが弱いですね」不審者。
という訳で岡田さん登場ー! 何故にBGMが北斗の拳。「ぐるっと回ってワオ!」どつかれ! 「止めなさい機材関係があるから止めなさい!」
「そうそう一番端っこでもう、くぁwせdrftgyふじこlp;」「エンストしました?」早速ぐだぐだだw
「切れてますから」黄色の線までがアナログ放送。「アナログ枠アナログ枠」「誰がアナログ芸人や! 芸風古いけど!」最初っから飛ばしてんなあw
大島嬢と品川の間に。「ぎゅっとしますね」「狭っ! 三人用なんですから」おにゃのこ+大の男が三人も。
岡田さんはすイエんサーのヘビー視聴者。「綱引き大根引き抜く様に」「靴紐遠心力であれ」凄ぇマジ視聴者だ! 庄司笑い過ぎイスから落ちそうw 「カラオケで百点取る方法とか何でも知ってまーす!」
AKBの娘は、「みなみちゃんと俺芸風似てる。グイグイ行く感じ」「グイグイ行くけどスベるパターン」ちょっ、大島嬢w 「あー正しく一緒です!」握手。
今日のテーマは「お餅を絵に描いた様にぷっくり膨らませたーい!」
「そこはお餅も焼くけどやきもちもたまに焼きまーすって」「あー難しいですね…」流石岡田師匠。

まずは普通の切り餅を網で焼き焼き。両面を焼いてると、「「うおーっ! えっえっ?」」 膨らんだけど中身が側面からぶしゅっと飛び出した感じに。
「上手く膨らみましたか?」「…えっ、」「えっ、誰ですか」「ふふふふ」優しそうな先生登場。
「かんたんなものを作って来たので」割り箸の先の風船に、「「「膨らますな。えっ!?」」」「膨らまさないのが一つのヒントです」
という訳で今度は膨らまなさい様に焼き焼き。膨らむ前に何度も引っ繰り返したけどやっぱり膨らみ。「どうしよう!」箸で押さえたら中身がw
ただ飛び出して来た膨らみは、何もしないで焼いた時よりも引っ繰り返して焼いた時の方が大きいものに。お餅は練る時に空気が入り込む。片側だけじーっと焼くと、片方の空気だけが熱せられて膨らむけど、何度も引っ繰り返すと両側が均等に熱せられるので膨らみがでかくなったと。ふむふむ。
大きく膨らませる方法が解ったので、今度は真ん中からぷっくりさせる方法を。
「横に広がっちゃわない?」「全部横だよね私達」「「「えー」」」「それじゃあ、この中にヒントが」謎の箱。「抽選箱って書いてるんだけど!」
箱に手を入れ、「えーと、これだ!」引き抜き。「あー今なんだけどなー」「「お?」」もう一度。「これ!」「そう今」「え」全然解らんw
「ゆっくりやってみよう」そーっと引き抜き。手が出口に差し掛かった所で「ああ今」「ここ?」抽選箱の入り口? 「これお餅?」箱=餅・
「空気が、この膨らみ(箱の出口)から、出る事によって?」「お餅の?」「膨らみが?」「ぼー?」「上に来る?」「「「…」」」「先生?」「お餅で試してみましょうか」「「「おお!」」」
という訳で抽選箱の様にお餅に十字の切込みを入れて再度チャレンジ。あ、最初に入れるんじゃなくて膨らんで来てから切込み入れるのね。
お、お、お、おおおぉぉぉおおぉぉ―――! 真ん中から膨らんで来たぁー! 「あ、でも、スリットが破れちゃってる」地割れw 真ん中から膨らんだけどくびれが皆無。

スタジオ部でも実践。「はぁーっ!」フォーク突き刺し! その上から粉を。「この粉何なの?」もちとり粉ですってよ。そして引っ繰り返しながら焼き、焼いた所で切込みを。「これで押さえながらね」「ディナーみたい(笑)」ナイフとフォークで。
「やはりくびれが欲しいので、」切込みの周りに粉を。「ここだけ熱が伝わらないみたいな」
膨らんで来たよよよよよ。「丁度この真ん中から!」「ぽんと出ろ!」「出ろっ! 出ろっ!」「…ちょっと今戸惑ってますね」なかなか来ずw
「焦げてますね」緊急事態w 「これしかないです」「「「ええぇ―――っ!」」」箸で! 「これも荒治療です仕方ないです」荒療治です岡田さん。箸でセンターにぷすっと。「来い!」『プス―――』「あ何か空気が抜けてる(笑)」スーっと。
「最悪ですね二組」箸で刺してないもう一個は。「あっでも来てるほら!」膨らんで! 「「「おおぉぉぉ!」」」でも縮み。「「「ああぁー…」」」でももう一度! 「おぉ!」「膨らめ、膨らめ!」パワー送り込み! 「何してんの」謎っ娘だw

「あれ?」「でも格好的に違くない?」コックさんが七輪でw
家庭科室の様な所に地割れを防ぐ器具が。三人が選んだのは、「いっせーのーせ!」フライパン! 何と正解とな。
まずで網で両面焼き焼き。その後フライパンへ。「ねえ膨れてない?」「おお」「この子の時代来るよ!」この子の時代?
お餅がパンと。「裏が…」「あー焦げてる焦げてる!」裏、黒っw 「このカチカチの所に切込みを入れたら、そこの硬いのがぱかっとなって、中の柔らかいのがこう」「くびれみたいに?」おお!
という訳で予めフライパンで片方をかちかちに。その後網へ。少し膨らんだ所で引き上げ、焦げた面に切込みを入れてから再度網へ。
「風船みたく、出て来いやー!」伊吹さんw
膨らんで来た所で、五分後。メリーゴーランド。「膨らんで来てはいるんだけどね…」ぷちゅっとしたのがちょっとだけ飛び出し。「怖いよ!」「気持ち悪いーっ!」スタジオw
「もう多分、膨らまないと思うよ」「…びっくりした」「そうなの?」「うん」先生また急に。
地割れは防げたけどちっちゃな風船に。今度はお餅研究家w 「あれがないんだよねー」「あれ?」「お餅を風船みたいに膨らませる、あれが足りないんだよねー」「あれ?」「何ー?」

「あのちっちゃいお餅をどうおっきく成長させるかですよね」
「ヒント頂戴ヒント」という事で、「俺ですか」庄司巻物登場。
先生からの伝言。「小さな風船しか顔を出さないのは中のお餅が硬くて出ない訳ではありません。あと少し、粘りが足りないんです!」「粘り? とろろ?」「「…」」「突然ですが、ここで問題。ちゃらっ!♪」庄司華麗にスルーしよったw 「出た庄司クイズ」
「次の四つの内一つの物を足せば粘りが出ます、それはどれでしょう」
「四択を」AKBが紹介してくれます。「一番、こーんなに伸びーる、水あめ!」「二番、調味料の王様、塩!」「三番、気合が一番、強火!」「…スベってる」可愛いじゃないかw 「四番、大きく育ってね、水!」
水あめ入れたらお餅が甘甘に。「俺嫌! 俺は醤油が良い」「かと言ってきなこで喰いたいんだろ?」庄司さんは。「きなこが喰いたいのに塩でしょっぱくなっちゃうのも嫌でしょ」「でもなー砂糖醤油で食べたいもんなー」「知らんお前の好みは」「知らんお前は!」岡田さんまでw
岡田さん予想は、「俺は…うわー………」随分悩んで、「Oh, fire!」w

「やっちまってるなーやっちまってるんだよねー」「やっちまった?」「やっちまったんだねー」「エイサホイサッ、エイサホイサッ」「「「あ―――!」」」クールポコ!w
「男は黙って、」「荒塩!」「あ!」「今のがヒントだけど、塩は全然関係ないです」関係ないのかよ!w 「僕らがヒントみたいなもんだけどね」
クールポコ二人が「おいしょ」「よいしょ」「おいしょ」「よいしょ」それをじーっ。「何?」「練る?」「つく?」「! はいっ!」「ちょっと待った! 解っちゃった!?」
「掛け声?」まさか。「はい解った!」これで解ってないのは後一人。「確実にこの娘だけ解ってないよ!」
「ヨイショってやってる時に何やってる?」「喋らなくなっちゃった」「喋って良いんだよ!」「…お水?」おお! 「任務完了!!」有難うクールポコ!
まずフライパンで固めた後、網で両面を焼き、切込みを入れた後、水を切込みに塗り塗り。そしてまた網へ。
「出て来いや―――!」またw
おお、ぷくぷく! 「今までと違う!」「頑張れー!」おおおおおお大きく! 水だけでこんな違うもん!? 「こんな膨らんだの見た事ないよ」「本当ですか!?」「成功だね」
「これこそ正に、絵に描いた餅やー」w

「どういう論理であれ水を塗る事によって」水はお餅のでんぷんの間を繋ぎ止める接着剤の役目を果たすらしいよ岡田さん。「うわーふーしーぎー」
という訳でおもちぷっくり実践。「小さい子はね、お餅ぷっくり膨らんだら嬉しいでしょうね」
「手間掛かるんだね」「まあそれは仕方がないああいう綺麗なんしよう思ったら」「そうなんですねー」「うん」雑談か。
「顔が映んない」「しょうがない」「カッチカチの面にスリット、ねっ。ねっ」この娘w
「さー来い!」いよいよ! ぷくぷくぷく。「そして火を扱う男!」「出たー!」二人楽しそうだなw おお膨らんで! 「一発勝負で来たぞ!」
「「おおお―――!」」」「OK! 十分!」「はい、雪だるまでーす」「鏡餅みたい」
「ぷくっと膨らんだのを写真に撮ってこう、年賀状とかね。可愛いがなー」
今日はマリガリなしか。「ガオアンドワオ!」出た! 「ガオの手が切れた!」


いやー岡田さん良いなあw 最高だww
庄司のツッコミも容赦なくなるしで良い感じ。エアバンドボーカル二人イイヨイイヨー! 岡田さんまた来てねー!
いやー本当にあんなマンガみたいに膨らむもんなんだなあ。すげーや。
PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
ゴジえもん
パソコン:ゴジ子
iPod:ゴジら

かなり偏った趣味においてテレビの感想などをづらづらと
アクセス解析