忍者ブログ
感情願望欲望すべて赤裸々むき出しの毎日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

月曜に纏め見した庄⑩智春も今日で一旦区切りです。


■庄⑩智春#5:打ち上げin土間土間神保町店
「どうも、始まりました、庄⑩智春でございます」「うぃっす」「何なんですか、そのノリ」「どうも、俳優の秋山竜次ですうっす」「(笑)」「DJの大地です。また良かったら、仕事一ssy」はたき! 大地さんわざわざ帽子被り直してw
「これ僕ら、言ったら三日連続」「三連チャン」「三日連続です」ライブ後二回あったものね。「大地さんの場合はもう四回出てます」「…大地さん出過ぎじゃないですか」「出過ぎなんですよ」「この辺くらいで外れて戴いても…」「明日はいないかも知んないですね」
「だってこれ十分の番組さ、ノー編集なんだって」「その説明好きですね(笑)」「結構してるよね(笑)」
「て事は、自分でこう回して、十分何かやってても良いって事だよね」「そうです。だから自宅で回す可能性もありますよ」何と、それは期待w 「旅行先でも良いですし」「(笑) 凄いな」
ただ今トークライブ後の打ち上げ中。「なかなか打ち上げ会場をご覧になる事もないんで、回しちゃおうかと」「成程」そんな具合なのでカメラは別に意識しなくてOK。「だからこんなんとか、要らないです」手や拳を合わせる俳優さんやアーティストの挨拶。「…っす」「やるけどさ、後輩俳優とか」「その時ビニール袋手にバーン被せて、口をバチーンって」「「(笑)」」縛ってw 「二度とオシャレな挨拶出来ねぇ様に」w
「ミュージシャンも結構やるよなこれ」「何なのこれ」拳合わせ。「本当、また呼んで下さい」「ちくしょーお前口縛って一生しとけこうやって!」w

「さ、注文しましょうか。ね、打ち上げですから」大地さんは「僕生ビール。ホッピーあるのかな?」ホッピーないよー。庄司は「コカコーラゼロ!」秋山は、「俺お前が頼む奴あててやろうか、黒ウーロンだろ」「…そうです。良く解りましたね」「ボケなしで絶対それだろ」
注文受け中。「コカコーラゼロ」大地さんの指1。「黒ウーロン」大地さんの指2。「生ビール」大地さんの指3。「生ビールを、三つ?」「あ、一つです(笑)」
「注文する感じも全部流れてるんですよね」「そうですよ。なかなか見れないでしょ」「おもしろドリンク頼んだ方が良いんじゃないかと思っちゃいますよね」「芸人だからね」「変な名前の」「これ、カメラ意識しちゃダメなの」「いや、しても良いんですけど、別にしなくても良いですよ。…まこのままだって後五分もすれば終わってますから」「(笑)」もう半分経った!? 早いw
「取り敢えずお通しだけでも来て戴きたいですね」「そうだね」「乾杯はね、」「見せたい」「見せてあげたいですね」「果たして乾杯見れるかな」「厨房の勝負ですよ」「いつの間にそんなタイムトライアルが始まってるんだよ(笑)」「この庄⑩智春のタイムと厨房との勝負ですよ。果たしてビールは間に合うのかっ」「間に合いますかね」「乞うご期待」「色々そういうのも出来ますね」十分で何が出来るかタイムトライアルとか。面白そうだ。

「…秋山さんって、泣く事なんかないでしょ」「泣く事ですか」「普段生活してて」「ないですね!」「泣かなそうだもん」
大地さんは泣く。昔SDCG(品庄、ダイノジ、チャイルドマシーン、ガレッジ)でイベントをした時に、「大地さんの弁当隠して、大地さん泣いた事があるんですよ」「号泣したよ。なかなか弁当出してくれなくて。それが一時間とか二時間の話じゃないのよ、五、六時間ずっと出さねえ」「俺の弁当何処やったんだよーって」「一人一人別室の会議室呼んで取り調べみたいに」「(笑) 六時間良く弁当追い続けましたね途中で諦めるでしょ」
「お前もあんま泣かなかったでしょ」庄司も。「いやめっちゃ泣きますよ!」「最近泣くでしょ」いきものがかりのエールが中学生の合唱コンクールの課題曲になっていて。
「で、俺普通に、エールをこう……コカコーラゼロ売切れ!」何と! 「やっぱ皆痩せたいんだよ。お前早くしないと乾杯見れねーぞ!」後三分半ですよ! コカコーラ自体はあるけれど、交換に時間が掛かるんだそうな。「じゃあ黒ウーロンで」「黒ウーロン大丈夫ですか」「はい」
「大丈夫?」「大丈夫です」「でもお前コカコーラゼロ飲みたいんじゃないの」「コカコーラゼロ飲みたい」「でも替えれる…すいません!」また呼ぶのかw 「今日は頑張ったから乾杯は、美味しい奴で。でも大丈夫でしょ三分もあれば」
「…俺、替えちゃおうかなー」「え、替えるの? お前が!?」ここに来て何故秋山がw 「そりゃしょうがねえよ乾杯はやっぱ」飲みたいもので。「何にする?」「コカコーラゼロにしようかなあ。炭酸の方が乾杯」「しゅわーっとね」結局コカコーラ二つとビール一つ。「ちょっと三、四分待って貰っても」「うあーっ! …はい!」「急ぐんで!」残りジャスト三分!
「………どきどき、する?」「「(笑)」」時間気にしてるけどもw
「解んないよ!?」「どうですかねえ」「タイミング合わせて一緒に乾杯しようとしてる人いるかも知れないよ!」「全世界で配信してますけどぉー」「皆さんも注いで下さい」「どきどきしないよこれー」
「で、そのエールで」話戻った。
庄司がyoutubeで合唱を見てて、「めっちゃ感動しちゃって」「それはPVなの?」「PVから、その後にエールの合唱してるんですよ、中学生が」「へー」「それで泣くんですか」合唱のマネ。あの歌い方何なんだろうなあw 「それで、一生懸命だって…」「マジっすか」
「合唱って申し訳ないすけど、ちょっと笑いの要素あるじゃないですか」「あるのよ! あるけど、何か、綺麗だなって思って」「頑張ってる奴は凄いなあ」
大地さんは駅伝密着を観てて。昨年バテて、たすきが渡せなかった選手。今年は完走して抜いて。「バターンて倒れて、ゴールして。仲間に担がれて行く時に、『一年間、練習に付き合ってくれて有難うー!』って。すげー感動するよ!」「(笑)」秋山めちゃ笑ってるw 「泣いたんすか」「泣いた(笑)」
「子供いたら結構泣くんじゃないんですか?」「そうなってくんすかねえ」「もう頑張ってる奴っていうか!」自分ももっと頑張らなきゃ! と。
「子供が何かして泣いた事とかってあります?」「えーっとね、」「…ちょっと、もう三十秒切っちゃいましたよ」「あ、三十秒切っちゃいましたね」「え」いつの間に。
「これ出来ないですね、来ないですね」「ヤバい」飲み物もお通しも来てない。「乾杯明日になっちゃうんじゃないですかこれ」「ヤバい乾杯明日になる?」「…あ、来週ですよ」「…(笑)」明日どころじゃないw 「え!?乾杯で週またぐの!」「そうですよ」「マジすか」「これだって金曜日でしょ今」
「十秒ですもんもう」「グラス持って用意してる人いるかも知れん」「あー編集技術があれば、ないから」「あーあーあーヤバい」「あー!」
「また来週ー!」「あー終わっちゃった!」「乾杯出来ない(笑)」w


来週は乾杯からかしら。楽しみに待ってますw
秋山がさり気なく言ってたタイムトライアル企画面白そうだなあと思いました。十分vs.何か。まずは十分でカレー作れるか的な辺りから。
庄司の自宅中継とか見たい見たい!(゚∀゚ )



■すイエんサー
今日はスタジオ前。「以後将棋番組の収録に使われています」
「あーすごーい」囲碁将棋のセットが。『すイエんサー』って書いてる。「そお借りたい!」「色んな番組の色んなセット使ってやりゃ良いんだよ」「ね」
「すイエんサーの意味」これ、まだ…「今週は力入れて来ました」わざわざ絵を。「水煙を吐くシーサー、水煙サー」
今日のテーマは、「人前であがっちゃうのを何とかしたーいです」
「人前で何かあんまりしたくない」「してんじゃん」ウン万人の前でw
「庄司君は人前でパンツ一丁ではしゃげますけどね」「あれも出る前は緊張してんですけどね」そりゃネタ前だからねえw
「「「人前であがっちゃうのを何とかしたーい!」」」

「というか、私全然上がらないんですけど」他の二人は「学校でスピーチの時とかあがる」「賞状貰う時とか緊張します」
外国人の前で歌うとかw 「一人で!?」緊張とか以前に恥ずかしいわこれはw
既に外人さんが一人いる。三人とも意外と歌えて…「あれ?」歌詞飛ばした。「歌詞、緊張して忘れちゃって私」
また先生こっそりと。「ちょっとこっち来てくれないかな」「お母さんに『知らない人についてっちゃダメって言われた』」
歌を歌う時に考えてた事は。「お客さんの前で歌うので緊張してました」他の二人は、「歌詞間違えない様に。冷や汗がどばーって」「歌歌うのが苦手でコンプレックスあったんですよ」結果三人が三人共緊張はしていたようで。
あがり症を専門に研究ってのがあるのか。
あがらない様にするにはどうすれば。「ご飯とかお菓子を食べて気分を変える」「私は…適当になる」(´・ω・`)?
何か出て来たw 着ぐるみ。「そしたら、着ぐるみでどうするか考えて下さい。僕は以上ですので。じゃ、さよなら」「「「………」」」先生あっさり退散。
「これを被れって事じゃないかな」うさぎ頭を被って。「姿が見えない様にするって事? 人間姿が見えると緊張するって事かな」「あーあるかもね」
という事で着ぐるみでステージ熱唱再び。「着ぐるみ着てないと気まずい雰囲気なんですけど、着てるとそんな気まずくなくて」心拍数計を見ると確かに二回目の方が若干下がって。

「今日のメンバーテンションが低いですね」…確かに。
巻物登場。「巻物早っ」「早い時もあるでしょう」あがるというのは体の興奮だけでなく、心理的不安もある。両方重なると酷い状態になり失敗する。「巻物出て来ると緊張する」「不安になるとね、あがってしまうよね」「噛む凄い」
後ろから「何か出て来た」カッパの着ぐるみが。「後ろからの攻撃多くね!?」
大島嬢カッパ被り。「すイエんサー!」かわいw
大島嬢のコマネチ。「コマネチ! うふふっ(笑)」「むっちゃ受けてんじゃん自分で、あーアイーンやった」
庄司も。「俺恥ずかしい事なんかないよー」→セミヌードw 何てスタイルの良いカッパw かっけぇw お、お、踊ってる。良いキレ良いキレ。
庄司着ぐるみ脱ぎ。「あぁめっちゃ恥ずかしい…」w
品川は。「何でお前も裸になってんだよ」
「あがらねーよ俺達は」慣れちゃってるものねえ。

すーいすーいすーだららったすらすらすいすいすいー

「対策としては人の目を気にしない。必要以上に気にしないのが大事なんですよね」部屋の中の『人の目を気にしなくなるもの』のヒントを模索中。
イス。「リラックス」「座るとね、それはそうですね」でもいつも使えないのでアウト。
鏡。「置いとくと、自分の表情が見えるじゃないですか」『人の目を気にしてるってことじゃーん』確かに。「でも自分の表情を見るっていうのは近いです」「近い!」お。
「あ、解った」「ウソだー(笑)」「それは(笑)」撮影済みテープ。「これで身だしなみチェック」「うーん…正解かな?」「やったー」
ステージで歌ってた映像を。「何か逆に楽しそうに見えて、余り緊張してる様に見えなかった」「自分があがってると思った時、それ程周りに伝わってない事もあるんですよね」映像を見る事で人前であがっちゃったなと思っていても、案外客観的に変じゃない事に気付く。そして次は自信に繋がるとか何とか。
『糸巻き子』何じゃこりゃ。「あいてっあいてっ」…全く解らん。「あいて…相手!?」あ、そういうダジャレかw 「人との関係?」「人を?」「巻きぞう?」「巻き…?」「巻き込む?」「巻き込むそう正解!」先生テンションUPUP!「人を巻き込む!」
あがってても実際そんなにあがってる様に見えてないので自信を持って人を自分のペースに引き込みましょうと。
ステージ熱唱三度目。手拍子してみると外人さんも叩いてくれて。おお楽しそうじゃないw
『相手もリズムをとってるじゃん』これは…そうかなw
手を繋いでってこれはすっげ勇気要るぞ! 「センキュ~」この娘なかなか度胸あるな。「全然あがらなかったですね」
「自分の姿を客観的に見て」「相手も一緒に巻き込んでしまえば」「あがらなくなりました」「「「大成功ー!」」」

大島嬢があがるのは「巻物だけ、これだけはもう本当に庄司さんに」「(笑)」
庄司巻物。大島嬢セーフ!w 庄司巻物を大島嬢にパス。「ちょっとー(笑)」
客をかぼちゃと思え、手に人の字。「やってみて下さい」
あがらない様にするには不安を認める事が大切。「気にしない様にしたりすぐ終わらせようとすると余計にあがりやすくなります」かぼちゃだったり人を飲み込む方法は不安から目を背ける事もあるので人によって効果が会ったりなかったり。
テストや面接の時に上がり易い人とは試験会場を下見するだけでもあがりにくくなるとの事。「事前に、行ったりすると」

「マリー&ガリ―――!」「今回は、ガリレオが賞をとります」
ガリハバラグランプリ。あれ、あながち間違いでも。マリカはゴスロリ号なのか。
おつゆw 鍋乗せんなw アルキメデスそれ死ぬ高さやでえー!
ゴスロリ号高性能過ぎる。リンゴばかw
かかか、回生ブレーキ? でもこれ作ったのはガリレオだよね。
「ガリレオは賞を取り損ねましたけどね」当たらずとも遠からず。

カッパのお皿に「おわり」。
おお、次回からやっと庄司の頭が短くw



R-1HPが更新されまして、庄司さんは七日だそーです。
うっほぉ。しかも七日に第三回戦があって、もし通れば次は準決勝九日…って日ぃ近っ。
東京会場は大阪より有名どころが多く見受けられます。正直大阪より激戦なんでないかなーと思います。頑張れっ!(`・ω・´) 七日私も就活です。頑張るっ!(`・ω・´) …といってもただの合同説明会ですが。
PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
ゴジえもん
パソコン:ゴジ子
iPod:ゴジら

かなり偏った趣味においてテレビの感想などをづらづらと
アクセス解析