忍者ブログ
感情願望欲望すべて赤裸々むき出しの毎日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

24時間テレビが終わりましたね。深夜パートだけ見ました。
日テレ深夜の生ギリギリセブン! うっひょー!!!
…と、楽しみにしていたのですが。
AKBさんがずらっと並んでいて目ん玉ずびょーん。
アイドル根性見せて何か暴露するかと思ったらただのコスプレ大会でまた目ん玉どかーん。水着ですらないっていう…
脱がない暴露も出来ないなら何故深夜に来たんだ。暴露もまあ…あったっちゃあったけど安全圏からのぬるい暴露だったしで見ながらマジで寝そうになりました。

途中TOKIOが来てからはちょっと面白くなりました。TOKIOのホモドラマ映像で不覚にも目が覚めたw
城島リーダーいじりが主だったんですが、その時登場した素人いじりがちょっとしつこくて…くりぃむも温い空気に当てられて感覚狂っちゃったのかな。

その後またAKB企画を挟んでようやっと生ギリギリセブン。長かった…ε=(´∀`;)
と思ったけど、何だか微妙にギリギリセブンではなく…(´・ω・`;) ギリギリセブンレギュラーメンバーとマオカラー軍団(要するにゲスト芸人)が相撲形式でお互いがお互いの芸人について聞きたい事を出し合うというもの。
『相撲』とか言うので、私はてっきり取り組みして負けた方が質問に答えるってんだと思ったんですが、別に相撲する訳でもなく。マゲのヅラだけかぶり、答える決心がついたら塩を投げるってだけ。おいおい相撲の意味は…
メンバー自体はギリギリセブンレギュラーとマオカラー軍団は有吉、ケンコバ、ビビる、サバンナ、ブラマヨで悪くない筈なのに。
全編テンポは悪く暴露自体も金の話ばかり。折角女性関係や嫌いな芸能人の話が出ても、こちら側には「誰だ誰だ!?」推測の余地すらなく、スタジオのメンバーですら解ってるんだか解ってないんだかリアクションのうっす~い偉く中途半端な状態で次へ進んでぐっだぐだ。
白んで行く空とケツを蹴られるマオカラー軍団を見ながら寝れば良かったと心底思ってしまった。
何でこうなったのやら。マオカラー軍団のチョイスが『トーク出来そう』という点のみで、暴露出来るネタを持ってなさそうだったってのが問題なのか。それとも私が去年の深夜の様なものを期待していたのが悪かったのか。

はあ、去年の庄司は本当芸人魂見せてくれたんだなと改めて実感。某WCのお陰で波紋を呼びはしたけど。ありゃあ漢だった。
嫌いな芸能人ではカフ使ったけど口は隠さず、愛し合ったのは二ヶ月前とか最終的にはフツーに言っちゃったんだぜ。ホリケンすら「カフ使えカフ使え、カフ…!」と崩れ落ちる漢前っぷり。慌てて手動録画した奴がまだ残ってるから見ようかな…

美川憲一決定戦が救いの企画でした。うん。
企画担当者とAKBぶち込んで来た事務所の人間はちょっとそこに直りなさいコラ。


■8/24(火):すイエんサー
今日は屋外ですか。扇風機ぶーぶー。「首振ってますよ」今日のゲストはMEGUMI。
そんでテーマは「線香花火を少しでも長く楽しみた~い!」
「プロポーズした時は花火の後ですからね」「どんな顔でプロポーズしたんですか」「…」→「結婚しよ」「ウハハハ!!(笑)」「…おい誰だおい」スタッフさんw
「線香花火が終わると花火が終わりだからね!」それと同時に夏も終わっちゃうのよね(´・ω・`)

早速理科室で線香花火。あ、落ちた。「えっ」「早っ!」ああ、見てるだけで切ない。平均持続時間は39秒。
『奏者入場』「うわーびっくりした!」「何、何?」法被おじさんの懐からミニ太鼓。可愛い(´∀` ) テンテケテンテケテンテケ♪ 「寂しい…」
「どうぞ」法被おじさんからハチマキを戴き、三人もハチマキ装着。「気合だ!」「「「気合だ!!」」」「気合だ!」「「「気合だ!!」」」そして三人もテンテケテンテケ。
「線香花火を長く楽しみたいでしょ?」「はい」「これです」ミニ太鼓。「「「…」」」
「しょうがないなあ、じゃあ」「「おおーっ!」」ドーナツ登場で三人ぱくり。「ちょっとちょっと、何で食べちゃったんですか?」「えっ」「それも半分も!」食べ過ぎw
「食べるなって事でしょ? これを見て気付いた事は何かって?」「これの形って事じゃない?」「解った!」「あっ!」「ねじってるねじってる!」ハチマキもドーナツも!
「もしこれをよりねじるとするじゃん」線香花火をねじると火の通りが悪くなって長持ちするのでは? 「今のすっごい良かった」「「おー!」」
という事で、火薬より上の紙の部分をねじってレッツ点火。「「「せーの、」」」と思ったら、「これをどーぞ!」先生からスケッチブック+鉛筆。「じゃあ、線香花火描いてみますか?」
「どうでしょうか」「全然ダメです!」「「「…」」」「全然! ダメです!!」「「「…」」」「描いてる時は良かった」
描いてる時の状態を思い起こして。「下向く? それか線香花火自身が下向くの?」「解った解った! 鉛筆を線香花火みたいにこう持って!」という事でねじってから鉛筆持ちで再挑戦。「「「せーの!」」」今度こそ点火。
「凄い、強い」「落ちない」「長~い」「あ、消えた」しかし斜め持ちは何だか風情がないなあw 平均持続時間は54秒で大幅アップ。
鉛筆の様に斜めに持つ事で、火の玉と花火本体との接地面積が増えて持続するんだそうだ。
「まだまだ! 線香花火をもっと楽しもうぜよ!」「…竜馬?」

巻物大島嬢へ。「来たぁー花火大好きですー」線香花火は真下に垂らす人が多いけど、花火界では鉛筆持ちにするのが主流なんだとか。「『安全対策をしてから楽しもうぜよ』だそうです」
線香花火レース。最初は大島嬢vs.MEGUMI。MEGUMI勝利。続いて品川vs.庄司。「お、元気出て来た」庄司の花火バチバチ。そしてぽろり。「風にやられた!」品川の花火が勝ち。

明日のすイエんサー久々な気がする。
すーいすーいすーだららったすらすらすいすいすい~♪

もっと長持ちさせる為に体育館へ。「金魚すくい!」これも夏の風物詩だなあ。
三人で金魚すくい。「あーヘタクソ」「あー何てヘタな人達だ」先生ボロカス言い過ぎw 「さっき言われなかった? 斜め45度」「あーそれを実践させるんだ」お、獲れてる獲れてる(゚∀゚ )
「じゃあそろそろ入れましょうか」「入れる?」金魚を。「入れ物がないな」という事で三人で入れ物探索で金魚鉢発見!
金魚を入れようとすると。「ストップストップ! 何すんだよ!」「え、怖い…」「『入れてみようか』って言ったでしょ」「何で何で?」「だから、入れてみましょうよ」「「「?」」」
「手を入れてみる?」「線香花火入れてみる」「あ、良い感じかも知れないよ」
金魚鉢の中で線香花火。「え、これ長くない?」「凄い凄い凄い」→「あー終わりー」鎮火。結果は84秒。「えっ!?」すんごい伸びた! 「今までの最高記録だよね!」「絶対これの効果だよね」
線香花火が燃えるバチバチ燃えてる状態(=松葉)の時に酸素の量を減らすと、火薬と酸素の反応速度が鈍って長く楽しめるんだそうです。
「いやー夏ですな~暑い暑い」先生手をぱたぱたぱたり。「…怪しい」「ヒントなんだ?」「解った、扇ぐ?」松葉状態の時は酸素を減らし、鎮火したら扇ぐ。うちわでぱたぱたぱたぱた。あ、落ちたw 記録27秒。
「違うなあ~」「何が違うの?」手をちょいちょいちょいちょい。「呼ばれたんだけど」「別に呼んでないです」「酷っ!」
「うちわだと強過ぎたから、手で扇ぐ?」今度は手で。すっごいゆっくり。「こんなんで良いの?」しかし線香花火キレイだなあ。扇いだ時の記録は89秒。ちょっと伸びた。本当にちょっとw

巻物は再び大島嬢へ。「私なんですよ今日は」「今日は大島の日だな」金魚鉢には風からの影響を防ぐ役目もある。金魚鉢に水を入れると花火が飛び散る恐れがあるので危険ぜよ。
線香花火レース二回目。二回目は大島MEGUMIvs.品川庄司。持つ人と扇ぐ人とで分かれるそうで。「良いよいいよ」「良い感じよ良い感じよ」結果品庄勝利。何か…地味だなw
「金魚鉢の中に入れた方がじわーっとする感じが」やっぱし反応が緩くなってるのかね。二人一組で「手が当たって『ヒャン!』とかね」ひゃん?

おいおい来週の予告の「「「「すイエんサー!」」」」庄司がほとんど映ってねーじゃねーかおーい!

マリガリ。
おあ! ガガーリン! 新キャラ!! しかし第二部になってからガリーがただのエロオヤジになってちょっと残念だな。
ガガーリンのデザインが普通なのはやっぱし一番時代が近い人だからなのかな。
スーパーカミオカンデじゃないか!(゚∀゚*) 歌が始まったぞ。フレミング以来だ。
ところで今日のテーマは一体…え? あれ、終わっ…今日は新キャラ紹介という感じか。



今週のすイエんサーは酷く淡々と進んで物足りなかったです。
金魚鉢の中で花火は…時間長くなっても何かイヤだなあw
PR
忍者ブログ [PR]


Designed by A.com
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
ゴジえもん
パソコン:ゴジ子
iPod:ゴジら

かなり偏った趣味においてテレビの感想などをづらづらと
アクセス解析